Huawei対ZTE事件CJEU判決後の判例法
gb jp cn

4iP Council siteのメインサイトに戻る

Case law search


Updated 19 10月 2020

Continental対Nokia

OLG Munich
12 12月 2019 - Case No. 6 U 5042/19

A. 内容

Nokiaは、3G及び4Gの無線通信標準の実施に必須のものとして宣言済みのいくつかの特許(標準必須特許又はSEP)を保有している。Daimlerは、世界最大の自動車製造会社の一つである。Continentalは、ドイツに本社を置く世界的な企業グループであり、Daimlerのサプライヤーの1つである。

2019年3月、Nokiaは、自社のドイツSEPに基づきDaimlerに対する合計10件の侵害訴訟をドイツのミュンヘン、デュッセルドルフ、及びマンハイムの各地方裁判所において提起した(ドイツでの侵害訴訟)。Daimlerが出した第三者への通知を受けて、Continental グループの2社(ドイツにおける子会社「Continental Automotive GmbH」とハンガリーにおける子会社「Continental Automotive Hungary Kft.」)がドイツでの侵害訴訟に補助参加人(intervener)として参加した。

2019年5月10日、Continentalグループのアメリカに拠点を置く子会社「the United States, Continental Automotive Systems Inc. (Continental US)」がNokiaによる反トラスト法違反を主張し、カリフォルニア州北部地区連邦地方裁判所 (米国裁判所)においてNokia等に対する訴訟を提起した。

2019年6月12日、Continental USは、Nokiaに対してドイツでの侵害訴訟の遂行を禁じる外国訴訟差止命令を求める申立て(外国訴訟差止命令を求める米国での申立て) も米国裁判所に対して行った。米国裁判所は、Nokiaが外国訴訟差止命令を求める申立てに応答するための応答期限を2019年7月24日までとした。

2019年7月9日、Nokiaはミュンヘン地方裁判所(地方裁判所)に対して予備的差止命令を求める申立てを行った。Nokiaは、外国訴訟差止命令を求める米国での申立てを取り下げること及び外国訴訟差止命令又はこれに類する措置を求める将来的な申立てを差し控えることをContinental USに命ずるよう地方裁判所に求めた。これに加えて、Nokiaは、Continentalグループのドイツの親会社(Continental Germany)に対しても、とりわけ、Continental USに外国訴訟差止命令を求める米国での申立てを確実に取り下げさせることを命ずるよう(地方裁判所に)求めた。

2019年7月11日、地方裁判所は、Nokiaが求めた予備的差止命令をContinental USに対して発出した  [1]  。

2019年7月30日、地方裁判所はContinental Germanyに対しても差止命令を出し、同社の当該子会社(Continental US)に外国訴訟差止命令を求める米国での申立てを確実に取り下げさせるよう命じた  [2] 。Continental Germanyはこの判決を不服として控訴した。

2019年9月3日、Continental USは外国訴訟差止命令を求める米国での申立てを取り下げた。しかし、Continental USは、2019年10月8日に Nokiaに対する仮制止命令(Temporary Restraining Order: TRO) を求める申立てを米国裁判所に対して行い、Nokiaが自社のドイツ特許をContinentalグループの会社及びそのクライアントに対して主張することを禁じるよう同裁判所に求めた。この申立ては却下された。

2019年12月12日の 本判決 [3]  (https://www.gesetze-bayern.de/Content/Document/Y-300-Z-BECKRS-B-2019-N- 33196?hl=true&AspxAutoDetectCookieSupport=1を引用)により、ミュンヘン高等裁判所(高等裁判所)は、Continental Germanyによる控訴を棄却し、地方裁判所が2019年7月30日に出した差止命令を維持した。

B. 判決理由

高等裁判所は、Nokiaには自社の財産権を直接的かつ不法な脅威から守るためにContinental Germanyに対する差止命令を得る権利があると判断した。

ドイツ法の下では、米国裁判所の出す外国訴訟差止命令又はTROはNokiaの財産権への不正な侵害に該当するだろうとされた。それらはNokiaが自社の特許から発生する排他性を係属中のドイツでの侵害訴訟においてDaimlerに対し強制する権利をNokiaから奪うだろうとの判断である [4]

前述の各措置から発生するNokiaの財産権への脅威は、Continental USが既に外国訴訟差止命令を求める米国での申立てを取り下げてはいたものの、依然として緊急であるとされた。高等裁判所は、Continental USがNokiaに対するTRO を求めて新たな申立てを提起したことは、原告側が未だその戦略を捨てていないことを示しているとの見解をとった [5]  。

また、何れの申立ても(Continental Germanyではなく)Continental USが提起したという事実は、Continental Germanyに対する差止命令を排除するものではないとされた  [6] 。高等裁判所は、Continental USがドイツの親会社の認知/承諾を得て行為していたことを示唆するNokiaの申立てに対抗するための証拠をContinental Germanyが示していないため、Continental Germanyはその米国子会社が米国で提起した申立ての「共同実行者(co-perpetrator)」とみなされるべきであるとの地方裁判所の見解を維持した [7] [135]。

更に、高等裁判所は第一審において地方裁判所が下した 「外国訴訟差止命令に対する差止命令(anti-anti-suit injunction)」が法的に許容できることを明確にした [8]  。 Continental Germanyは、地方裁判所の差止命令は米国における外国訴訟差止命令と同じ効果をもつ(つまり、米国の訴訟手続きにおいて自らの権利を主張する機会をContinental USから奪う)ため、ドイツにおいて認容されるべきではなかったと基本的にと主張していた。

高等裁判所は、ドイツにおける外国訴訟差止命令に対する差止命令(anti-anti-suit injunction)がContinental USの提起した補助的申立て(外国訴訟差止命令を求める申立て) のみに関するものであり、米国でNokiaに対して提起された主訴訟には影響を与えないため許容できると判断した点については、地方裁判所の判断に同意しなかった [9] 。高等裁判所は、たとえ補助的な申立てであったとしても、一般に、裁判所の命令で当事者による申立の提起を妨げることはできないと判断した [9]  。

しかし、高等裁判所は、ドイツにおける外国訴訟差止命令に対する差止命令は、Nokiaが主張していたように、米国での外国訴訟差止命令に対する「唯一の効果的な防御措置(only effective means of defence)」であるため許容できるとの見解をとった  [10]  。また、本事件においては、Continental USの行為の自由を維持する利益に対抗するためには、不法なanti-anti-suit injunctionに対して、Nokiaに自らの利益の防御を認めることが正当であると高等裁判所は判断した  [11] [140] 。

更に、高等裁判所は、Nokiaが、原則として、外国訴訟差止命令を求める米国での訴訟に参加する立場にあったとの事実は、外国訴訟差止命令に対する差止命令の裁定をドイツにおいてNokiaに与えることを妨げるものではなかった。高等裁判所によれば、その理由は、ドイツで侵害訴訟を遂行するNokiaの権利に対して外国訴訟差止命令が及ぼす影響は、外国訴訟差止命令を求めてContinental USの提起した申立てについて判断を下す際に米国裁判所が考慮する要素ではないためである[141]。従って、Nokiaは米国裁判所での訴訟において自らの利益を十分に防御することができないだろうと判断された。

米国の外国訴訟差止命令がドイツにおいては強制できない可能性が高いという事実も、同様に本事件では無意味であるとされた [12]  。高等裁判所は、外国訴訟差止命令に従わずに米国で罰金の支払いを求められれば、Nokiaは、事実上、自社の特許をドイツでの侵害訴訟において主張することを止めざるを得なかっただろうと指摘した  [13]  。

これに加えて、高等裁判所は、ドイツにおいて地方裁判所が裁定した「外国訴訟差止命令に対する差止命令(anti-anti-suit injunction)」は、米国裁判所の管轄権に直接的な影響を及ぼさず、よって、米国の主権を問題にするものではないため国際法に違反しないと判断した [14]

高等裁判所は、最後に、地方裁判所の判決がEU法に違反しないことも強調した。本事件は、ドイツ国内の法人によるドイツ特許への侵害に関するものであり、そもそも本事件にはEU法が適用されないとの判断である [15]

  • [1] Nokia対Continental、ミュンヘン地方裁判所、2019年7月11日命令、事件番号 21 O 3999/19。
  • [2] Nokia対Continental、ミュンヘン地方裁判所、2019年7月30日命令、事件番号 21 O 9512/19。
  • [3] Nokia対Continental、ミュンヘン高等裁判所、2019年12月12日判決、事件番号 6 U 5042/19
  • [4] 同判決、第55節。
  • [5] 同判決、第56節。
  • [6] 同判決、第76節以下。
  • [7] 同判決、第81節以下。
  • [8] 同判決、第58節以下。
  • [9] 同判決、第59節以下。
  • [10] 同判決、第69節及び第72節。
  • [11] 同判決、第69節。
  • [12] 同判決、第70節。
  • [13] 同判決、第71節。
  • [14] 同判決、第73節。
  • [15] 同判決、第74節。

Updated 1 4月 2021

InterDigital v Xiaomi, District Court (Landgericht) Munich I

LG Munich
25 2月 2021 - Case No. 7 O 14276/20

A. Facts

The claimants are two US-based companies that are part of InterDigital Group (InterDigital). InterDigital Group holds a portfolio of patents declared as (potentially) essential, to various wireless telecommunications standards (standard essential patents, or SEPs) developed by the European Telecommunications Standards Institute (ETSI). The claimants hold German SEPs which are subject to a commitment to be made accessible to standard users on fair, reasonable and non-discriminatory (FRAND) terms and conditions, in accordance with the ETSI IPR Policy.

The defendants are four companies belonging to the Xiaomi group that has its headquarters in China (Xiaomi). Xiaomi produces and sells -among other products- smartphones that comply with ETSI standards worldwide.

On 9 June 2020, Xiaomi filed an action against InterDigital before the Intermediate People’s Court in Wuhan, China (Wuhan Court). In its complaint, Xiaomi asked the Wuhan Court to determine specific rates or a range of rates for the licensing of InterDigital’s worldwide 3G/UMTS and 4G/LTE SEP portfolio (Chinese main proceedings). On 28 July 2020, Xiaomi, for the first time, informed InterDigital by telephone that it had filed a case in China. However, the Xiaomi representative did not provide any details regarding the filing.

On the 29 July 2020, InterDigital filed an infringement action against Xiaomi before the High Court of Delhi, India (Delhi Court) with a request for injunctive relief (Indian proceedings). In addition, InterDigital requested a preliminary cease-and-desist order against Xiaomi.

On 4 August 2020, Xiaomi, applied for an anti-suit injunction (ASI) before the Wuhan Court.

On 23 September 2020, the Wuhan Court issued its ASI order, ordering InterDigital to withdraw or suspend the actions in the pending Indian proceedings (Wuhan ASI). InterDigital was also ordered to refrain from filing infringement actions on its 3G and 4G SEPs for (1) permanent and/or temporary injunctions or (2) FRAND rate determinations against Xiaomi in any country of the world during the pendency of the Chinese main proceedings. The Wuhan Court ordered a fine amounting to RMB 1,000,000 per day in case of violation of the above order. InterDigital was advised of the issued ASI for the first time when the Wuhan court sent an email to several InterDigital email addresses on 25 September 2020.

On 29 September 2020, InterDigital filed an action for an anti-anti-suit injunction (AASI) before the Delhi Court. On 9 October 2020, the Delhi Court issued an AASI, restraining Xiaomi from enforcing the Wuhan ASI (Delhi AASI).

On 30 October 2020, InterDigital filed a motion for an AASI before the District Court of Munich I (Munich District Court or Court) as well.

On 9 November 2020, the Munich District Court issued an AASI ordering Xiaomi to refrain from pursuing the Wuhan ASI or take further (court and/or administrative) measures against InterDigital, intended to directly or indirectly prevent InterDigital from prosecuting infringement proceedings based on its SEPs in Germany (Munich AASI). Each violation of the Munich AASI order triggers a fine amounting up to EUR 250,000 or detention up to six months.

On 22 December 2020, Xiaomi filed an appeal of the Munich AASI and also requested a stay of the enforcement of this order. On 24 January 2021, the Munich District Court rejected the request for a stay of the enforcement of the AASI.

With the present judgment dated 25 February 2021, the Munich District Court dismissed Xiaomi’s appeal on the merits and confirmed the Munich AASI. [16] (cited by www.gesetze-bayern.de/Content/Document/Y-300-Z-BECKRS-B-2021-N-3995?hl=true)
 

B. Court’s reasoning

The Munich District Court held that InterDigital had a claim for preliminary injunction and that sufficient grounds for issuing an AASI were given. [17]
 

Claim for preliminary injunction

The Court explained that the filing, prosecution and enforcement of an ASI in China with the goal to prevent the assertion of claims for injunctive relief against patent infringement in Germany impairs the ‘property-like legal position’ of the patent holder and constitutes a tortious act (in terms of Section 823 para. 1 of the German Civil Code). [18] The same is true with respect to court orders, which restrain a party from initiating AASI-proceedings in Germany (so-called ‘anti-anti-anti-suit injunctions’, or AAASI). [18]

In the eyes of the Munich District Court, the Wuhan ASI had the aforementioned effect. According to its wording and reasoning, the Wuhan ASI attempted to have a global reach and would also have impacted those InterDigital Group entities holding German SEPs that were involved in the present proceedings. [19] The fact that these companies did not directly face fines or other sanctions imposed by the Wuhan Court, did not change the fact that the Wuhan ASI tried to impair their legal position: These measures threatened other affiliated companies within InterDigital Group and, thus, created a coercive situation in an attempt to limit the freedom of the companies that actually hold German SEPs to act for their protection of their rights. [19]

In addition, the Court expressed the view that InterDigital was in a position to invoke the right for self-defence against the Wuhan ASI. [18] Section 227 of the German Civil Code provides that any action, which is necessary for averting a present illicit attack, is not unlawful.

 

Grounds for preliminary injunction

Furthermore, the Munich District Court found that there was sufficient justification for ordering interim measures. [20]

First, it could not be requested from InterDigital to defend itself against the Wuhan ASI in regular (main) court proceedings. [21] Given that injunctions are available only for the limited lifetime of a patent, regular proceedings against an ASI would not sufficiently protect patent holders’ rights; the latter would be, effectively, deprived of the right to injunctive relief for a considerable period of time, at least until the enforcement of the first instance decision of the German court. [22] This limitation would occur irrespective of the fact that a foreign ASI violates public order (ordre public) and, thus, does not have any legal effect in Germany. [21] The Court repeated that sanctions imposed or threatened in foreign jurisdictions can place the patent holder under pressure and stand in the way of effective patent enforcement in Germany. [21] This applies equally, when a foreign court has granted an AAASI, preventing a party to seek for protective measures in the form of a AASI in Germany, as was the case with the order of the Wuhan Court. [23]

Second, the Munich District Court held that the urgency required for interim measures was given. [24] Inter-digital had filed the request for an AASI in a timely fashion. [25] As a rule, Munich courts require that requests for preliminary injunctions concerning patents must be filed within a deadline of one-month of knowledge of the act. [26] The Munich District Court suggested that this deadline, basically, also applies to AASIs (refraining, however, from a final assessment of this question). [27]

In case that an AASI is directed against an ASI already granted by a foreign court (risk of repetition), the respective request should be filed within a month after the patent holder obtained ‘secure knowledge’ of the foreign court order, irrespective of whether formal service took place or not. [28] For assuming ‘secure knowledge’, it can be required that the patent holder gets access to the ASI request as well as the evidence used in the foreign proceedings, especially when the court order itself does not contain clear information about the parties, the content and the legal grounds of the order. [29]

If a request for an AASI is filed before a foreign ASI has been issued, that is when only a ‘risk of first infringement’ of a violation of SEP holder’s ‘property-like’ rights exists, the one-month deadline begins at the moment in time, in which the patent holder gains ‘secure knowledge’ of the filing of an ASI request before the foreign court or of the existing risk of such measures, which is especially materialized, when the implementer threatens with respective action. [30] In this context, the Court clarified that filing early countermeasures before a grant of an ASI is only an option; patent holders are, basically, free to wait for the outcome of foreign ASI proceedings, before filing a request for an AASI. [30]

Having said that, the Munich District Court outlined that it will, as a rule, assume that a required risk of a first infringement’, which could result in an AASI, is present, if the one of the following circumstances occur:

  • The implementer has threatened to file a request for an ASI;
  • The implementer has filed a request for an ASI;
  • The implementer has filed a (regular) action for the grant of a licence or the determination of reason-able global licensing rates in a jurisdiction, in which ASIs can, in principle, be granted;
  • The implementer has already threatened an ASI or filed a respective request against other patent holders and the party filing an AASI in Germany has no indication that the implementer will refrain from such actions against it in the future;
  • The implementer failed to declare in text form within a short deadline set by the patent holder (e.g. with the first notification of infringement) that it will not file a request for an ASI. [31]
ASI and implementer’s willingness to obtain a licence

The Munich District Court further made clear that an implementer who threatens an ASI or files a respective request, can, as a rule, not be treated as a ‘willing licensee’ within the meaning of the Huawei v ZTE ruling (Huawei v ZTE) [32] of the Court of Justice of the EU (CJEU) and the recent case-law of the German Federal Court of Justice (Bundesgerichtshof) in the Sisvel v Haier [33] cases. [34] According to the Court, an implementer truly willing to obtain a FRAND-licence would regularly refrain from actions impairing SEP holder’s ‘property-like’ rights even further than the past and ongoing acts of patent infringement (such as the filing of a request for an ASI). [35]

Looking particularly at the negotiation framework established in Huawei v ZTE, the Munich District Court noted that balanced negotiations on an equal footing -as envisioned by the CJEU- can only be ensured if the parties have equal access to legal remedies: The implementer’s ability to attack patent validity should be counterbalanced by the patent holder’s ability to assert its patent rights before court. [36] This is no longer the case when the judicial assertion of claims against patent infringement is precluded based on an ASI. [36] In this context, the Court noted that an ASI directly violates the SEP holders’ right to have access to courts which is established in both European law (Article 47 para. 1 of the EU Charter of Fundamental Rights) and German constitutional law. [36]

Furthermore, the Munich District Court expressed the view that an implementer who has been notified about the infringement of SEPs can be required not only to adequately demonstrate willingness to obtain a FRAND-licence, but also to declare that it will not file a request for an ASI against the patent holder. [35] The Court explained that, otherwise, the negotiation process set forth by Huawei v ZTE could not be followed. [37] In particular, the SEP holder could no longer be obliged to notify the implementer about the infringement before filing a court action. [37] By making a notification of infringement, the patent holder exposes itself to an ASI. If an ASI is granted, then the patent holder will in many cases be de facto prevented from exercising its right to injunctive relief even towards implementers unwilling to take a licence. [38] According to the Court, this result conflicts with the so-called EU IPR Enforcement-Directive (Articles 9-11) [39] as well as the case law of the CJEU. [40]

The Court also added that SEP holders cannot be expected to pre-emptively prepare countermeasures against potential future ASIs [35] . Even when SEP holders seek global portfolio licences, preparing the filing of AASIs in many different jurisdictions would lead to disproportionate high costs at a point in time, in which neither the risk nor the impact of an ASI could be reliably assessed. [35]
 

Balance of interests

After weighing the interests of the parties against each other, the Munich District Court held that an AASI was justified. [41]

On the one hand, the Court recognized that InterDigital had an interest to be granted the requested AASI. Although the Wuhan ASI violated public order and could not be enforced in Germany, InterDigital had an interest to limit the reach of the Chinese order as far as German SEPs are concerned; otherwise, the threat of sanctions that could be imposed in China would de facto prevent InterDigital from enforcing its patent rights in Germany for an unforeseeable period of time. [42]

On the other hand, the Court highlighted that a German AASI would not impair the rights of Xiaomi. [43] The AASI would only oblige Xiaomi to withdraw the Wuhan ASI and, therefore, have no impact on the Chinese main proceedings. [43] The Chinese main proceedings would also not be impaired, in case that InterDigital filed infringement proceedings against Xiaomi in Germany, following the grant of an AASI. The Munich District Court expects that German infringement proceedings would not revolve around the same question raised in the Chinese proceedings, that is the determination of the global rate for InterDigital’s SEP portfolio. [43] On the contrary, German infringement courts would probably not examine the amount of an adequate global licensing rate, because it is very unlikely that they would examine a FRAND defence raised by Xiaomi on the merits. [43] The Court reasoned that the very act of requesting an ASI, or threatening to do so, is evidence that the implementer is an unwilling licensee, such that a FRAND defence raised by Xiaomi in German infringement proceedings would hardly have any prospects of success. [43]

In addition, the Court took the view that Xiaomi’s interest to avoid infringement trials in Germany during the pendency of the Chinese main proceedings was not worthy of protection. [44] Xiaomi did neither constantly monitor the IPR landscape, as it is obliged to, nor obtain necessary licences before starting production. [44] What is more, Xiaomi refused to do so for more than seven years, such that InterDigital can no longer be expected to further wait to assert its rights. [44]

 

C. Other issues

The Munich District Court also confirmed that InterDigital had a legitimate interest in legal remedies. [45] Under German law, this is a prerequisite for any court action and is, basically, given, when the claims asserted by the claimant have not been fulfilled by the defendant yet. [46] The fact that InterDigital could defend itself against the ASI also in so-called ‘reconsideration proceedings’ before Chinese courts did not remove InterDigital’s legitimate interest that its case is heard by German courts. [47] The Court held that such proceedings could not sufficiently protect InterDigital’s ‘property-like’ rights in Germany, especially since a reliable assessment of the prospects of success of such legal remedy is very challenging. [47]

Furthermore, the Court confirmed that the pendency of the Chinese and Indian proceedings did not prevent German courts from hearing the case in question (no lis pendens). [48]

Finally, the Court also found that the Munich AASI had been served to Xiaomi within the relevant deadline, which under German law is a prerequisite for such orders to remain in force. [49]

  • [16] InterDigital v Xiaomi, District Court (Landgericht) Munich I, judgment dated 25 February 2021, Case-No. 7 O 14276/20.
  • [17] Ibid, para. 75.
  • [18] Ibid, para. 120.
  • [19] Ibid, para. 121.
  • [20] Ibid, para. 129.
  • [21] Ibid, para. 130.
  • [22] Ibid, para. 130. The Munich District Court highlighted that the right to injunctive relief is the ‘essential feature’ of exclusionary rights, such as patent rights, and the ‘sharpest weapon’ against infringement. Patents would be ‘worthless’, if the patent holder would be denied the possibility to enforce its rights by way of court proceedings.
  • [23] Ibid, para. 131.
  • [24] Ibid, para. 132.
  • [25] Ibid, para. 132 as well as paras. 151 et seqq.
  • [26] Ibid, para. 133.
  • [27] Ibid, paras. 134-135.
  • [28] Ibid, para. 134.
  • [29] Ibid. para. 136.
  • [30] Ibid, para. 138.
  • [31] Ibid, para. 142.
  • [32] Huawei v ZTE, Court of Justice of the EU, judgment dated 16 July 2015, Case No. C-170/13.
  • [33] Sisvel v Haier I, Bundesgerichtshof, judgment dated 5 May 2020, Case No. KZR 36/17 and Sisvel v Haier II, Bundesgerichtshof, judgment dated 24 November 2020, Case No. KZR 35/17.
  • [34] InterDigital v Xiaomi, District Court (Landgericht) Munich I, judgment dated 25 February 2021, Case-No. 7 O 14276/20, para. 146.
  • [35] Ibid, para. 146.
  • [36] Ibid. para. 148.
  • [37] Ibid, para. 147.
  • [38] Ibid, para. 149.
  • [39] Directive 2004/48/EC of the European Parliament and of the Council of 29 April 2004 on the enforcement of intellectual property rights (OJ L 157, 30.4.2004).
  • [40] InterDigital v Xiaomi, District Court (Landgericht) Munich I, judgment dated 25 February 2021, Case-No. 7 O 14276/20, para. 149.
  • [41] Ibid, para. 168.
  • [42] Ibid, para. 169.
  • [43] Ibid, para. 170.
  • [44] Ibid, para. 173.
  • [45] Ibid, para. 75.
  • [46] Ibid, para. 107.
  • [47] Ibid, para. 108.
  • [48] Ibid, paras. 75 and 109.
  • [49] Ibid, para. 75 and paras. 80-106.

Updated 13 4月 2020

IPCom対Lenovo、パリ控訴院 - RG 19/21426

フランス裁判所の決定
3 3月 2020 - Case No. 14/2020

A. 事実

2007年、IPCom GmbH & Co. KG(IPCom)は、2G、3G及び4G規格を対象とする160件以上の特許ポートフォリオをRobert Bosch GmbHから取得した [50] 。その特許のひとつが3G規格に必須のEP 1 841 268 B2(EP 268)である [51]

IPComは、規格の実施に不可欠であるか、将来不可欠となりうる特許を考慮して、欧州電気通信標準化機構(ETSI)にFRAND(Fair, Reasonable and Non-Discriminatory: 公平、合理的、かつ非差別的の略)誓約を送付した [52]

2018年9月、IPComは、Lenovoにライセンス許諾を申し出た [51] 。On 1 March 2019年3月1日、IPComは、Lenovoに正式な通知を送付し、2019年3月15日までにライセンス許諾の申出に回答するよう求めた [53] 。IPComは、期日までに返答のない場合、権利保護のため法的手続を講じる意向であることを示した [54]

IPComから申し出されたライセンス料率から判断する限り当該申出はFRANDでなく、また、有効期限が満了しているか、間もなく満了する特許まで当該ポートフォリオに含まれていたとして、Lenovoグループの米国子会社であるLenovo Inc.及びMotorola Mobility LLCは、2019年3月14日、IPComを相手取りカリフォルニア州北部地区地方裁判所(米国地方裁判所)に訴訟を提起した [55] 。同社は、IPComがETSIへの確約に反し、FRAND条件にてLenovoにライセンスの申出を行わなかったと主張し、IPComの特許ポートフォリオについて世界規模でのFRANDライセンス条件を定めるよう米国地方裁判所に求めた [51]

2019年7月2日、IPComは、Lenovoグループの英国子会社であるLenovo technology (UK) Limited及びMotorola Mobility UK Ltd.を相手取り、ロンドン高等法院に権利侵害訴訟を提起した。IPComは、米国で係争中の訴訟においてライセンス契約が締結されない限り、侵害製品を差し止めるよう求めた [56]

2019年9月18日、米国子会社であるLenovo Inc.及びMotorola Mobility LLCは、米国地方裁判所がFRAND条件の内容を命じない限り、IPComが英国での係争中の権利侵害訴訟の継続、Lenovoグループ全体を相手取った新たな権利侵害訴訟の申立て、及び外国の裁判所での外国訴訟差止に対する差止の申立てを行うことができないよう、米国地方裁判所に外国訴訟差止を申し立てた [57]

2019年10月25日及び28日、IPComは、Lenovoグループのフランス会社であるLenovo (France) SAS及びMotorola Mobility France SASをパリ裁判所に召喚した [58] 。IPComの狙いは、米国での外国訴訟差止命令の申立てを取り下げさせるとともに、Motorola Mobility LLC及びLenovo Inc.に、IPComの権利行使を妨げる請求申立てを禁じることであった [51] 。IPComは、上記の手続を英国でも開始した [59] 。 IPComはこれと並行して、Lenovo (France) SAS及びMotorola Mobility France SAS、Modelabs Mobile Limited及びDigital River Ireland Ltd.をパリ裁判所での訴訟に召喚し、差止仮処分を求めた [51]

2019年11月8日、パリ裁判所は、本件を米国地方裁判所に委ねる理由がないと判断した [60] 。パリ裁判所は、米国での外国訴訟差止の申立てがEP268のフランス該当部分に関する権利侵害訴訟手続に関連するものであるか、Lenovoグループ会社(卸売業者、販売店、顧客及び仲介業者を含む)によるフランス領土内での不法行為に関するものである限り、直ちに、遅くとも2019年11月14日以前に、取り下げるようLenovo Inc.及びMotorola Mobility LLCに命じた [61] 。さらにパリ裁判所は、Lenovo Inc.及びMotorola Mobility LLCが同じ目的で外国の管轄裁判所に新たな訴訟を申し立てることも禁じた [51] 。この決定に際しては、違反1件あたり及び不遵守1日あたり20万ユーロの罰金が命じられた [51]

同日、ロンドン高等法院は、EP268に関する権利侵害及び有効性につきIPComによる防御を妨げるのは濫訴的かつ強圧的であると裁定し、Lenovoグループ英国法人に対し、英国の法域において訴訟手続を妨げてはならないと命じた [62]

Lenovoグループの米国子会社は、フランスでの訴訟に関しカリフォルニア州にて申し立てた外国訴訟差止請求を取り下げた [63]

2019年11月14日、IPComは、Lenovoグループのフランス法人であるModelabs Mobile(輸入会社)及びDigital River Ireland Limited(販売店)を相手取り、EP268の権利侵害について主訴訟をパリ裁判所に提起した [64]

2019年11月22日、Lenovo Inc.、Motorola Mobility LLC、Motorola Mobility France et Lenovo (France)は、IPComに外国訴訟差止請求に対する差止を認めた2019年11月8日付のパリ裁判所の判決につき、上訴した [65]

2019年12月12日、米国地方裁判所は、ETSIに対する契約義務に違反したIPComの責任及び世界的なFRANDライセンスにつき判断する裁判所の適切な管轄権の有無につき、Lenovo及びMotorolaが明白かつ十分な証拠を提出していなかったとの判断を下した [66] 。米国地方裁判所は、この適切な管轄権及び外国訴訟差止請求の終結に関する判断に関し、爾後見込まれる調査へ証拠開示することを認めた [51]

2020年1月20日、パリ裁判所は、仮処分手続において、特許が満了するまで差止や製品のリコール及び没収等の仮処分を求めるIPComの申立てを認めなかった [67] 。同裁判所は、当該措置が明らかに不釣り合いであり、IPComに不当な利益の獲得及び非FRAND条件の設定を可能にするひずみが両当事者間に生じうるとみなした [68]

この判決において、パリ控訴院(控訴院)は、外国訴訟差止請求に対する差止に関する第一審の判決を維持した [69] 。ただし、控訴院は、将来Lenovo Inc.及びMotorola Mobility LLCが申し立てる可能性のある外国訴訟差止の新たな申立てについて、外国訴訟差止請求に対する差止の対象から除外した [51]

以上で述べたそれ以外のIPComとLenovoグループ会社との訴訟手続は、依然として継続中である。


B. 判決理由

Lenovoの主張

Lenovoグループ会社は、自社の米国子会社に対しIPComから求められた措置に対する管轄権をフランスの裁判所が有さないとみなしていた。当該グループ会社は、米国地方裁判所がFRAND条件での料率を判断しないとしているため、フランスでの訴訟手続を停止しても、IPComには損害が及ばないと主張した [70] 。IPComにとって唯一のリスクは、フランスでの訴訟手続を停止させることによりIPComが差止を求められなくなることだが、パリ裁判所は並行する訴訟手続においてその裁量により、その申立てを既に棄却していた [71]

さらにLenovoは、米国で提起した外国訴訟差止請求により、IPComがライセンス協議で優位に立とうと企図していた複数の権利侵害訴訟手続が回避されることになるため、同差止が両当事者の権利の均衡をあらためて保つものであると主張した [72] 。したがって、Lenovoは、IPComがライセンス取得の意思を有している会社の製品について差止を申し立てたことを理由に、IPComの行為が支配的地位の濫用に該当すると主張した [51]

またLenovoは、自己の外国訴訟差止の申立ては最初の裁判で確保した裁判管轄の適切性を保持するものであるとの見解を示した。すなわち、フランス裁判所の主権や管轄権は侵されないのだから、フランスや欧州の国際的な公共の秩序を損なうことにならない [73] 。Lenovoは、自己の外国訴訟差止の申立てとIPComの外国訴訟差止請求に対する差止の申立てに差異がないことを付け加えた。よって控訴院は、米国裁判管轄の主権に及ぶ決定を下す影響を問題とするべきである [51]

Lenovoは、この主張について、既存の契約義務の違反に制裁を加えることを目的とした外国訴訟差止を認めているフランス破毀院(最高裁)の判例法を持ち出して裏付けた [74] 。Lenovoは、IPComがFRAND条件に基づくライセンスの申出を行おうとしなかったことはETSIに対するFRAND誓約義務違反になるため、本件がこれに該当すると考えた [51]

最後に、Lenovoは、IPComが米国地方裁判所において裁判を受ける権利を行使できたのであり、これによってライセンス料は補償されていたはずであることから、自己の外国訴訟差止の申立てには明白な違法性がなく、判決にかかるIPComの裁判を受ける権利もIPComの財産権も侵害していないと主張した [75]

IPComの主張

これに対し、IPComは、フランスでの損害賠償請求はフランス裁判所の管轄であることから、フランス民事訴訟法第46条に基づき、同裁判所が実質的にも地域的にも管轄権を有していたと主張した [76] 。さらに、証拠開示手続終了まで米国での訴訟が暫定的に停止していたため、証拠開示手続後、新たな外国訴訟差止の申立てが米国地方裁判所になされる可能性があった [51]

またIPComは、外国訴訟差止の申立てが、欧州人権条約第1条、第6.1条及び第13条、並びに欧州連合基本権憲章第17条及び第47条により保証されている欧州産業財産権や公正な裁判を受ける権利等、自個の基本的権利に急迫した危険をもたらすと主張した。依然として外国訴訟差止が発せられるおそれがあるとの事実によっても急迫した危険がある [77]

さらにIPComは、米国での外国訴訟差止の申立てについて、フランス国の主権を脅かし、フランス及び欧州の国際的な公共の秩序を侵すものであると述べた [78] 。これは(米国での)当該申立てがフランス管轄区での自国の管轄権の行使を禁止させようとするものであったためである [79] 。これに対し、IPComによる外国訴訟差止請求に対する差止の申立てには、原告の基本的権利を剥奪したり、米国裁判所がその管轄権を行使することを妨げたりする目的や効果はなかった [80] 。実際に下された判決は、Lenovo米国子会社に米国での訴訟継続を禁じようとするものではなかった [51]

さらに言えば、(米国での)外国訴訟差止の申立ては、フランス裁判所が欧州規則1215/2015第7-2条及び第24.4条により認められている権限を行使することを妨げ、すなわち、フランスでのEP 268特許の有効性及び侵害を調査し [81] 、特許で保護された知的財産権をIPComが欧州加盟国において有効に保護することを妨げたことから、国際的な公共の秩序を侵した [51]

控訴院の決定

控訴院は、申し立てられた請求に関するフランスの管轄権を確認したパリ裁判所を認め [82] 、 フランスに損害が生じうるとした [51]

控訴院は、IPComの申立てが棄却されれば、IPComがEP 268特許のフランスでの権利につきフランス裁判所に訴訟を提起する機会を奪われると認定した [51] 。一方、フランス裁判所は、フランス民事訴訟法第46条に基づき管轄権を有している(不法行為損害賠償請求を参照) [51]

控訴院は、仮処分申請が本案訴訟の請求内容を調査する裁判所に係属ることから、フランス裁判所の管轄権が仮処分申請にも及ぶことを付け加えた。本案訴訟は外国訴訟差止の申立てによる影響を受ける可能性がある [83]

IPComが申し立てた実体的事項に関し、控訴院は、米国での外国訴訟差止の申立てによりIPComが新たな権利侵害訴訟の追求又は申立てを妨げられることから、当該申立てが明らかに違法な損害をIPComにもたらすと認定した [84] 。これは、IPComが権利侵害の判決を受けられる唯一の裁判所にて審理を受ける権利を損なうものであるため、欧州連合基本権憲章第17条、並びにフランス知的財産法L611-1及びL615-1に反する [85] 。さらに、公正手続にかかるIPComの権利についても、欧州人権条約第6条第1段及び第13条に反して失われる [51] 。最後に、IPComの財産にかかる基本的権利も同様に損なわれる [51]

しかし、控訴院は、Lenovoグループが外国訴訟差止を新たに申し立てることを禁じるよう求めたIPComの請求を棄却した [86] 。控訴院は、単一の損害の可能性では当該決定を下す根拠として不十分と判示した [87] 。よって、控訴院は、その点において第一審の判決を覆した [88]

  • [50] パリ控訴院2020年3月3日判決、2ページ、第4節。
  • [51] 同上
  • [52] パリ控訴院2020年3月3日判決2ページ、第5節。
  • [53] パリ控訴院2020年3月3日判決2及び3ページ、第6節。
  • [54] パリ控訴院2020年3月3日判決3ページ、第6節。
  • [55] パリ控訴院2020年3月3日判決3ページ、第7節。
  • [56] パリ控訴院2020年3月3日判決3ページ、第8節。
  • [57] パリ控訴院2020年3月3日判決3ページ、第9節。
  • [58] パリ控訴院2020年3月3日判決3ページ、第10節。
  • [59] パリ控訴院2020年3月3日判決3ページ、第12節。
  • [60] パリ控訴院2020年3月3日判決3ページ、第13節。
  • [61] パリ控訴院2020年3月3日判決3及び4ページ、第13節。
  • [62] パリ控訴院2020年3月3日判決4ページ、第14節。
  • [63] パリ控訴院2020年3月3日判決4ページ、第15節。
  • [64] パリ控訴院2020年3月3日判決4ページ、第16節。
  • [65] パリ控訴院2020年3月3日判決4ページ、第17節。Lenovo子会社は、2019年11月8日に下された外国訴訟差止命令に対する差止命令を修正してLenovo Inc.及びMotorola Mobility LLCにより米国地方裁判所に申し立てられた訴訟を審理する管轄権を否定すること、Lenovo (France) SAS及びMotorola Mobility France SASと共通の米国判決を検討すること、IPComを米国地方裁判所に差し向けること、IPCom against Lenovo Inc.及びMotorola Mobility LLCに対するIPComのすべての請求を棄却すること、並びに訴訟費用としてIPComに5万の支払を命じるよう求めた。
  • [66] パリ控訴院2020年3月3日判決4ページ第19節。
  • [67] パリ控訴院2020年3月3日判決4及び5ページ第20節。
  • [68] パリ控訴院2020年3月3日判決5ページ、第20
  • [69] パリ控訴院2020年3月3日判決12ページ、第1節。
  • [70] パリ控訴院2020年3月3日判決6ページ、第25節。
  • [71] パリ控訴院2020年3月3日判決6ページ、第26節。
  • [72] パリ控訴院2020年3月3日判決6ページ、第28節。
  • [73] パリ控訴院2020年3月3日判決6及び7ページ、第29節。
  • [74] パリ控訴院2020年3月3日判決7ページ、第30節。
  • [75] パリ控訴院2020年3月3日判決7ページ、第32節。
  • [76] パリ控訴院2020年3月3日判決7ページ、第34節。
  • [77] パリ控訴院2020年3月3日判決8ページ、第37節。
  • [78] パリ控訴院2020年3月3日判決8ページ、第39節。
  • [79] パリ控訴院2020年3月3日判決8ページ、第39~40節。
  • [80] パリ控訴院2020年3月3日判決8ページ、第40節。
  • [81] パリ控訴院2020年3月3日判決8ページ、第41節。
  • [82] パリ控訴院2020年3月3日判決9ページ、第45節。
  • [83] パリ控訴院2020年3月3日判決9ページ、第46節。
  • [84] パリ控訴院2020年3月3日判決10及び11ページ、第56~57節。
  • [85] パリ控訴院2020年3月3日判決10~11ページ、第57節。
  • [86] パリ控訴院2020年3月3日判決11ページ、第61- 64節。
  • [87] パリ控訴院2020年3月3日判決11ページ、第62-63節。
  • [88] パリ控訴院2020年3月3日判決11ページ、第64節。