Huawei対ZTE事件CJEU判決後の判例法
gb jp cn

4iP Council siteのメインサイトに戻る

して最新の状態に保つ

 更新してください

して最新の状態に保つ

*

バックグラウンド

ウェブサイトのこの部分の判決要約は、欧州連合司法裁判所(CJEUまたはECJ)がHuawei v ZTE事件 case C170/13 Huawei v ZTE on 16 July 2015.(Huawei事件)の判決後に下された判決に関連しています。

判決要約は、Huawei判決によって提起された主要な問題に焦点を当てています。すなわち、標準必須特許(SEP)権利者がその特許の侵害に対して差し止めによる救済を求めることができる条件、または標準規格実施者がSEP権利者からの訴えに対して競争法に基づく抗弁主張できる条件です。時折、FRANDライセンスのコンテキストを理解することが重要であるために、判決の関連かつ追加の見解が判決要約に含まれます。ただし、一般的に、Huawei事件に関連しない問題は省略されます。たとえば、一般的な訴訟法または特許法の側面(裁判地、特許の説明、有効性、侵害など)などです。

対象とする裁判地については、主な目標はドイツの状況をマッピングすることですが、ドイツの情報にアクセスできない場合、他のEU加盟国からのいくつかの判決も含みます。

判例の表